2018年2月25日(日) 第二回湘南パン祭り開催 - 県立辻堂海浜公園に湘南エリアのパン屋さんが出店

グリット

Pao はパン、queijoはチーズ。すっかりおなじみとなったブラジル生まれのチーズパン “ポンデケージョ”

発酵させずに作るもっちりとした丸いパンを焼いて販売を始めたのは10年ほど前のこと。
「両親が自宅で焼いて販売するにはちょうど良い商品で、何より親父がこのポンデケージョが大好きでよく酒のつまみにしていた」とオーナーシェフ伊藤勇作さん。
ブラジル料理というよりも料理人としてアレンジ色が強く、さまざまな素材の組み合わせが食べ飽きしないことも特徴、とのこと。

2007年、伊藤シェフのサポートのもと「いとう」の名でスタートしたちいさなお店は、味の良さと豊富な種類、ご両親のお人柄もあって、しだいに小田原の人気スポットに。しかしながら、お父さまが逝去。2014年から伊藤さんご自身のレストランも閉め、本格的に取り組むためにと、内装をリニューアル。店名も「いとう」から「グリット」に変えて再スタートしました。「グリット」とは〜不屈の精神〜あるいは〜諦めない力〜を意味するのだそう。
イタリアン、フレンチシェフの経験を生かして、アンチョビやニンニク等の火入れに野菜のピューレ、スイーツの素材など巧みに使い分け、カラフルなポンデケージョに仕上げています。

好評の“湘南シフォンケーキ”は、小麦粉に湘南小麦をメインにしながら国産小麦を独自に配合、タピオカ粉や寒梅粉など和菓子材料も使い、焼きあがりはムッチリとしたくちあたり。また粉ばかりでなく、油脂も太白胡麻油、ひまわり油などを選んでいます。リンゴはソテーしてからカルバドスでフランベ、リンゴジュース加えて煮込み、粗くピューレにするなど、いずれもきっちりと調理することで、グリットならではの味になるだそう。

今回が初出店、プロがつくる本格ポンデケージョとシフォンケーキをこの機会にぜひ!

オススメパン・人気のパン

ポンデケージョ各種、湘南シフォンケーキ各種
  • ポンデケージョ
  • 湘南シフォンケーキ

パン祭り限定販売のパン

伊藤シェフアレンジ焼きそば玉子巻き、シュー皮ナポリタン、カミナリおこしっぽいパンなど、この日ならではの品を持ってくる予定。

住所

神奈川県小田原市本町1-11-14

電話番号
0465-23-1927
営業時間
11:00〜18:30
定休日
水曜日
駐車場の有無
なし
facebook
https://www.facebook.com/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88-938105596263522/