2018年2月25日(日) 第二回湘南パン祭り開催 - 県立辻堂海浜公園に湘南エリアのパン屋さんが出店

chigaya bakeshop(chigaya)

辻堂海浜公園通りにある、居心地のよいベーカリーカフェ

  簡素だけれど居心地のよい店内に、椅子とテーブル、カウンターには手づくりのパンと焼菓子があわせて20種類ほど並びます。

 店名の「Chigaya bake&coffee shop」の通り、“パンだけにとどまらない焼菓子やドーナツも提供するコーヒーショップ”を2014年8月にスタートさせた店主の鈴木ちがやさん。その3ヶ月前までの5年間はNYでフリースタイリストとして活躍、一時帰国の折、理想通りのスペースと出会い、自分でも思いがけない早さで開店に至りました。

 パンもお菓子も自己流です、といいつつ、その製法は本格的。すべてのパンに使うのは、小麦で起こした酵母を小麦粉でつなぐ“自家製ルヴァン酵母”。毎日の世話が欠かせない“生き物”なので旅行先にも持参する、という一面に真摯なものづくりがかいま見えます。

 材料選びにも手抜かりがなく生地に使う粉は国産小麦粉だけ。パンによって粉の種類を使い分け、どのパンにも15~40%の全粒粉が入ります。そのほかの材料もできるだけ国産と無農薬の食材を選ぶようにしています。
 また、あんぱんの粒あんやオレンジピール、トマトソースは手づくりするなど、具材の多くは自家製。よりおいしく、という気持ちと共に、生活のなかの美意識もうかがえます。

 オープン当初は自分が好む、ハードブレッド中心の品揃え。ところが来店してくださるのは近隣からの幅広い年齢層の人々が大半で、求めるのは口あたりのやさしいパン。その求めに応えていくなかで、次第に自分なりのパンづくりが明確に。もともとあこがれていたのは、地域の人々が気軽に立ち寄る、気の利いたコーヒーショップ。いまはお店にふさわしい、日々の暮らしに寄り添った、すこし小ぶりのおいしいパンとお菓子が並びます。

 お店で好評の“グラマラス”は全粒粉入の柔らかめの生地で、たっぷりのクリームチーズ、イチジク、くるみを包み込んだパン。オススメは1.5㌢ほどにスライスして、表面がカリッとするまでリベイク。いちじくの甘みにとろけたチーズが混じりあい、パンの風味も倍増。北海道産クリームチーズのおいしさが際立ちます。
 ほんのり甘いパンなら“ホワイトチョコとオレンジピール”。もっちりとした豆乳入りの生地にホワイトチョコと自家製オレンジピールをぎっしり詰め込みました。4等分にしてリベイクすれば、オレンジの風味もひときわです。そして、ハードブレッドは注文を受けてつくるようになり、より味わい深くなりました。

 昼過ぎにはほとんどパンが売り切れてしまうChigaya。
 今回が初登場、感性ゆたかなパンに出会う好機をお見逃しなく!

オススメパン・人気のパン

ホワイトチョコ×オレンジピール、
グラマラス(クルミ×いちじく×クリームチーズ)、
全粒粉入り食パン、
ドーナツ各種
  • ドーナツ
  • グラマラス、ホワイトチョコとオレンジピールほか
住所

神奈川県藤沢市辻堂6-3-10

電話番号
なし
営業時間
木曜〜月曜日の10時からsold outまで
定休日
火曜、水曜
駐車場の有無
あり
facebook
https://www.facebook.com/chigayabakeshop/